通信費節約が騒がれている理由

通信費節約ブームがやってくる!

デジモノに詳しい人は携帯が登場したころから、裏ワザ的な方法を探しては通信費の節約を楽しんでいました。
以前は、通信費の節約はごく一部の詳しい人が実践していたにすぎない。という感覚を持っています。

しかし、最近ではインターネットのバナー広告で「通信費節約!」だとか、「格安SIM」などを見かけることが多くなったと思いませんか?
なぜ、今通信費節約が熱いのでしょうか?

SIMフリーが義務化されていた

SIMというのは、スマホやケータイ、タブレットなどのモバイル端末でデータ通信や音声通話などを行うために必要なICチップです。
3GやLTEといった電波を使ってデータ通信や音声通話するには、このSIMカードがなくてはなりません。
SIMカードには電話番号など契約者情報が記録されており、利用者を特定する役割も果たしています。

以前は、スマホや携帯に好き勝手なSIMを入れて利用することはできませんでした。
例えば、Docomoで購入したスマホ端末には、Docomoで購入したSIMしか入れられませんでした
これをSIMロックといいます。

なので、端末を購入したキャリアと契約し続けて通信費用を支払う必要がありました。

2015年5月、通信事業者に対して、SIMをロックしないように総務省から通達がありました。
つまり、Docomoで買ったスマホ端末にSoftBankのSIMを入れて使えるようにせよ!ということです。
これをSIMフリーといいます。

SIMフリーが通信費節約ブームの火付け役だったのです。

SIMフリーでどんなメリットが?

SIMロック状態では、機種を購入した通信事業者のSIMを使って、通信費を支払い続けるしかありませんでした。
Docomoでケータイを購入したらDocomoに通信費用を支払う必要がありました。

そのため、通信事業者は購入の敷居を下げてとにかく新規顧客の獲得に力をいれて、月額費用での競争は本格的ではありませんでした

SIMフリーが義務化されたため、利用者は通信費用の安い通信事業者のSIMを使い、通信費用を節約することができるようになったのです。
通信事業者やプランによっては、月額の利用料が1000円を切ることも珍しくありません

また難しい手順も必要なく、端末のSIMを解除してもらい、通信費の安いSIMを挿すだけです。
手軽に通信費用の節約ができるようになります。

SIMフリーが義務付けられ、3大キャリア以外の通信事業者はスマホ・ケータイの利用者を獲得しようと宣伝を大々的に行っているんですね。

通信費節約が騒がれているのは、行政の決定によって引き起こされたというのは面白いですね。

利用者からしたら、嬉しい限りです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る