ドコモの料金プランを見なおして通信費を節約!

docomo料金

スマホや携帯のプランを把握していますか?
どんなサービスが受けられて1ヶ月の通信費がいくらか分かるでしょうか?

機種を購入した時に進められるがままにしていて、実は不要な通信費を支払っている場合があります。

このページでは、ドコモの通信プランの紹介と通信費節約のポイントを紹介します。

ドコモの料金プラン

ドコモ料金プランは大きく4つの要素を含ます。

  • 基本料金プラン
  • パケットパック
  • spモード
  • 割引

それぞれ概要を紹介しましょう。

基本料金プラン

ドコモの基本プランは使う機種と通話の有無で決定されます。

・使用する機種がスマホなのか?ケータイなのか?
・通話をするのか?通話なしでインターネット利用だけなのか?

この2つを決めると自然とプランが決まります。

各プランには2年契約の有り無しがそれぞれあります。
2年契約ありのプランの方が1,500円も通信費が安くなるので、途中解約料の9,500円を考慮しても、7ヶ月以上使用するなら2年契約ありの方が通信費用を節約できますね。

各プランと料金を表にまとめました

通話の有り・無し プラン名 機器 月額通信費用
有り カケホーダイ スマホ 2年契約あり:2,700円
2年契約なし:4,200円
有り カケホーダイ ケータイ 2年契約あり:2,200円
2年契約なし:3,700円
無し データプラン スマホ 2年契約あり:1,700円
2年契約なし:3,200円
無し データプラン ケータイ 2年契約あり:1,200円
2年契約なし:2,700円

カケホーダイという名称の通り、通話相手が固定回線でも他社のケータイでもどれだけ通話をしても追加料金無しで通話することができます。

パケットパック

パケットパックはインターネットやメールなどデータ通信をするために必要です。

ドコモを使うのが自分一人か家族で使っているかでプランが異なります。

家族でドコモを使っている場合は、シェアパックといって家族全員の合計通信量でプランを組みます。

データSパック以外は余ったパケットを翌月以降に繰越ができるのもポイントです。

パケットパックの各プランを表にまとめました。

利用する人 プラン名(利用可能データ量) 月額通信費用 翌月への繰越
個人 データSパック
(2GB)
3,500円
個人 データMパック
(5GB)
5,000円
個人 データLパック
(8GB)
6,700円
家族 シェアパック10
(10GB)
9,500円
家族 シェアパック15
(15GB)
12,500円
家族 シェアパック20
(20GB)
16,000円
家族 シェアパック30
(30GB)
22,500円

spモード

spモードとはインターネット使用料のことです。これは必須で外すことができません。
月額料金は300円。

割引

ドコモにはいくつかお得な割引が存在します。
条件に該当する場合は、月額の通信費用を節約できるので、自分が当てはまるか確認してみましょう。

代表的な割引を紹介します。

ずっとドコモ割

ドコモを長期的に使用していると自動的にパケットパックの金額が割引になります。
例えば、5年使っていると最大で月額800円引き。
15年以上使っていれば、最大で月額2000円引きになります。

U25割

25歳以下であればカケホーダイプランの金額から毎月500円割引されます。

ドコモの通信費用を節約しよう!

ドコモの通信費用で簡単に節約できる部分はパケットパックでしょう。

利用明細を確認してデータ通信を月間どのくらいかチェックしましょう。
もし、通信データが少なくて大きなプランを契約していたら、一つ下のプランに変更するだけで通信費用を節約することができます。

また、家族でドコモを使っているなら、是非シェアパックを活用してください。
1人がシェアパックを契約し、家族はシェアオプション(月額500円)を契約するだけで、利用可能なデータ量を共有することができます。

例えば、両親は通話がメインでデータ通信はほとんどしないが、子供は動画視聴やメールなどでデータ通信をよく行っているケースはよくあるものです。
そんなときでも、利用可能なデータ量を無駄なく使用することができます。

ドコモの料金プラン変更方法

料金プランを変更するにはドコモショップに行くのが確実ですが、スマホやパソコンで「お客様サポート」からネットで手続きをすることができます。

お客様サポートでは利用プランの変更以外にも、毎月の通信費用や通信データ量の確認ができますので、現状把握のためにも是非ログインしてみてください。

パソコンからはこちら

スマホからは、ホーム画面のdメニューをタップするとお客様サポートが出てきますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る