ソフトバンクのスマホ料金プランを見なおして通信費を節約

ソフトバンクの料金プラン見直し

ソフトバンクは2014年7月より、「スマ放題」という料金プランを打ち出しました。

Docomo、auと同様に定額&選択肢が少ないことが特色です。

選択肢が少ないため、通信費節約のワザは限られてきますが、しっかりと確認し可能な割引は適用するようにしましょう!

ソフトバンクのスマホ料金プラン

ソフトバンクのスマホプランは「基本使用料」、パケット通信料定額サービスの「データ定額パック」インターネット接続サービスの「S!ベーシックパック」、から構成されています。

そして、条件に該当する場合は特典が付いたり、割引が適用されます。

それでは、通信料金の概要から紹介しましょう。

基本使用料

ソフトバンクの基本使用料は月額2,700円になります。2年契約がない場合は月額4,200円になります。

2年契約をして、途中で契約を解除した場合、違約金として9,500円が請求されますが、7ヶ月以上利用するなら2年契約の方がお得になります。

データ定額サービス

データ定額パックは小容量、標準、大容量(10)、大容量(15)、大容量(20)、大容量(30)の6種類が用意されています。

各、データ定額パックについて表にまとめてみました。

データ定額パック 月間通信量 月額料金 1GBあたりの料金目安
小容量 2GB 3,500円 1,750円
標準 5GB 5,000円 1,000円
大容量(10) 10GB 8,000円 800円
大容量(15) 15GB 12,500円 833円
大容量(20) 20GB 16,000円 800円
大容量(30) 30GB 22,500円 750円

基本的に通信できるデータ量が増えるほど、1GBあたりの料金は安くなりますが、大容量(10)の方が、大容量(15)よりも単価が安いです。
これは、10GBおトクキャンペーン(大容量(10)の月額費用が1,500円安くなる)によるものです。

インターネット接続サービス

ソフトバンクのスマホを利用するには必要なサービスです。(インターネット接続のための費用)
必須で外すことはできません。月額費用は300円です。

割引

ソフトバンクの割引や特典は他キャリアに比べてインパクトが弱い様に感じますが、実際はどうなんでしょうか?

以下、現時点で申込可能な特典と割引です。

長期継続ボーナス

ソフトバンクの支払いでTポイントが付くのは知っていましたか?

まだ、登録していないならTカード番号登録をしておきましょう。

ソフトバンクを3年以上契約していて、スマ放題に加入するとTポイントが貯まる倍率がアップします。

3年目~10年目で2倍。11年目以降でデータ定額標準以上なら5倍です。

もともと、1000円で5ポイント貯まりますので、月額8000円なら40ポイント。大きな節約にはなりませんが、もらえるものは確実に貰っておきましょう。

スマホデータ増量キャンペーン

データ定額パック標準以上のプランを申し込むと、通常のデータ通信容量に加えて最大3ヶ月の間2GB多く通信をすることができます。

通信費用の割引にはなりませんし、3ヶ月だけ通信容量が増えても……という、あまりメリットが感じづらい特典ですね。

ソフトバンクの通信費用を節約しよう

ソフトバンクの割引はあまり強くなく、プランの選択肢も少ないことから、スマホ通信費用の節約は難しいところです。

唯一、節約できるのは家族でソフトバンクを利用している場合でしょう。

ソフトバンクのスマ放題には「家族データシェア」という仕組みが有ります。(月額500円のオプション)

家族でソフトバンクを複数回線契約した場合、データ回線パックの通信容量を家族で共有することができます。

例えば、家族4人が「データ定額パック2」に加入している場合、3,500円×4=14,000円のパケット通信量がかかる。

しかし、データ定額パック大容量(10)とデータシェアを3人分契約すると、9,500円+500円×3=11,000円に通信費用を抑えられます。

家族でソフトバンクを利用しているなら、データシェアパックを検討してみましょう。

ソフトバンクスマホのプラン見直し

毎月のデータ通信量はMy SoftBankから確認できます。

毎月の通信量以上のプランを選択しているようであれば、適切なプランに変更することで通信費用を節約できます。

ソフトバンクの契約変更方法

契約している料金プランの確認や変更はソフトバンクショップに出向くか、スマホやパソコンから「My SoftBank」を利用する方法があります。

My SoftBankでは、料金プランの変更が簡単にできるので、ショップに出向くよりも楽ですね。

My SoftBank

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る